マイクロバス 貸切でホテルなどに泊まる

運行会社に事前に支払う料金と、追加で支払う料金を全部足して、マイクロバス 貸切で発生する費用となります。
事前に納入する貸切料金には、車両に乗る基本料金代、運転手の人件費、ガソリン代、車両が事故に見まわれた時にかかる保険代いわゆる損害賠償責任保険です。
また、利用者が自分で支払うのは、高速道路・有利道路の料金、有料の駐車場代、バスガイド代などになります。
マイクロバス 貸切費用を計算する時は、基本料金と自己負担額を合算して出します。

もし、複数日の利用で宿泊の必要性があるならば、宿泊施設の予約や費用で決まりがあります。同行した乗務員の宿泊費用は依頼主の負担となり、それは一般的な例で一泊二食の朝食・夕食付きに等しくなります。

マイクロバス 貸切の依頼主が宿泊施設を予約する時は、自分達の分だけでなく乗務員も含めて済ませておきます。
予約を同じ宿泊施設にするのが普通ですが、全員分を取ることができなければ、近隣の施設で部屋を確保します。交代制で運転手が2人ついてきたり、ガイドが同行していれば予約する部屋は増えます。
ドライバーとガイドは、十中八九異性例となるため、2つの部屋を用意します。ドライバーの2人は同性となる可能性が高いので、同室で大丈夫です。キレイモキャンペーン