マイクロバス 貸切の見直された制度

2013年に起きた関越自動車道でのバスの交通事故で、業界は転換期を迎えました。事故を真摯に受け止めて、一年後の2014年4月にマイクロバス 貸切に関与する貸切料金制度の見直しが叶って改正されました。
失ったものは大きかったですが、交通安全の重要性を思い知らされ隙のない制度に是正したのは収穫です。
事故を省みて湧き出た問題点、従業員の長時間に及ぶ過労です。彼等の課された業務を少しでも楽にして、運転に起こりうるリスクを解消しようと努めた結果が料金制度の変更です。

運転手の疲労と運行時間は、正比例の関係にあります。その事実を理解して、走った時間及び距離が上がるにつれて貸切価格を上昇させる制度は理に叶いました。
リスクを敢えて全面にアピールしたシステムにすることで、安全面と経営面は両立され、会社の事業は黒字に転換しています。

労力が正当に評価された料金制度は、会社の内部紛争を防いだものとなり、従業員の権利を守っています。
マイクロバスを使う人々にとって死活問題なのは、距離と時間だけでは定まらない要素があることです。時間と距離が変わらない場合、乗車した時期や曜日によって、マイクロバス 貸切料金に誤差が現れます。
マイクロバス 貸切が盛んな時期は、費用が高くなり負担の増大は避けられません。料金を抑えることにに夢中になるならば、営業が通常運転になってからがよいのです。キレイモキャンペーン